【悪性リンパ腫と生きていく】都内在住普通のOLの闘病記

2019年夏に悪性リンパ腫と診断され抗がん剤治療と末梢血幹細胞移植を受けた時の事や入院生活のtipsや通院治療中の現在の日常を思うままに書いていきます。

移植3年のPET検査

そろそろ移植して3年です。その節目にPET-CTという検査(※)を受けてきました。体全体をスキャンして、がん細胞があるかどうかが分かるすごい検査です。

(※)PET検査(ペットけんさ):がんなどの病変を検査する画像診断法の一つ。
微量の放射線で目印をつけたブドウ糖を体内に投与してから専用のカメラで撮影すると、がん細胞が光っているように表示され、がんの位置や大きさ、活動の状態を判断することができます。

※↓↓↓に体験談を書いています。ご興味ありましたらご覧ください㎜ 

amanda-tokyo.hatenablog.com

 

前回受けたのはちょうど1年前。その時は明らかながん細胞は無かったものの「上あごにうっすらと集積がある」と言われましたが心配するほどではないそうで、様子見でした。

さてさて今回は、、、

結論から言うと今回もがんはありませんでした

おかげさまで寛解を維持出来てます(*^^*) 

上あごの集積について先生のコメントはなく、以前も「生理的なもの」と言われたので気にしないことにしました。

移植から丸3年、移植後の副反応に苦しめられて想像もしなかった日常になりましたが、生きていられて幸せです。

 

最近のおやつ

最近はお腹が痛い日々が続いているので、お菓子も控えめにしているのですが家族が買って来てくれた一口おやつをちょこちょこ食べてカロリー補充しています。

柿の種キャンディ

柿の種を舐める日が来るとは・・・

飴のまわりに控えめなきな粉、美味しかったです。ガリガリ噛むと柿の種。でも基本甘いのでビールのおつまみにはならなそう。

東京ピーナッツマニア(つまめるピーナッツバター)

ピーナッツバターを食べる日が来るとは・・・

持ち運びに便利♪

ピーナッツバターが四角い

 

森永から出ている?らしいです。パッケージに書いてあるとおり「さくっ ほろっ とろーり」という食感。
個包装を開けると、写真はきれいなキューブでしたが運が悪いと粉々に砕けたものが出てきます。そうなると指でつまめるわけもなく、口に流し込む→むせる という悲しい流れになります。
味は、ピーナッツバターというよりは、普通のピーナッツ入りクッキーのような感じで、あっさりしていますがとっても甘~いので、一度に2つは食べられません。
 
体調があまりよくないのでみなさまのブログにお邪魔できず、ただ自分の記事を一方的にUPするのみです・・・。すみません。ご無礼をお許しくださいmm

今日も最後まで読んでくださりありがとうございました。
皆さまもどうかお体お大事にして健康でお過ごしください☆

 

ランキングに参加しています★
よろしければ応援お願いします!

 

プライバシーポリシーお問い合わせ