【悪性リンパ腫と生きていく】都内在住普通のOLの闘病記

2019年夏に悪性リンパ腫と診断され抗がん剤治療と末梢血幹細胞移植を受けた時の事や入院生活のtipsや通院治療中の現在の日常を思うままに書いていきます。

気になる人 ~原田マハさん~その②

おはようございます。

約3か月前にも「気になる」とご紹介した

 

作家の 原田マハ(はらだ まは)さん。

 

断捨離中なので本は買わずに、図書館を利用しています。たくさんある原田さんの著書を片っ端から予約しているのですが、人気なのでなかなか順番が回ってきません。今回はやっと順番が来たこちらの一冊を読みました。

※私の読書感想はぺらぺらなので(笑)ネタバレは含みません。ご安心ください。

 

スイート・ホーム

こちらは連作の短編集ですので、いつもにましてサクッと読めます。

舞台は兵庫県。閑静な住宅街にある個人経営のケーキ屋さん『スイート・ホーム』を営む四人家族の長女が第一話の主人公です。

雑貨店で働きながら、時々は実家である洋菓子店の店番もする28歳独身の主人公。

そこで描かれる仲の良い家族と、気さくな常連客とのやりとり。そして、勤め先の雑貨店に訪れた一人の男性との出会い・・・。

 

良かったポイント

  • 登場人物全員が良い人
  • 理想の家族がここにあった
  • 物語のキーとなる、家の玄関先にある「キンモクセイの木」と、洋菓子店の描写が丁寧で、本から花やお菓子の甘い香りがふわっと漂ってくる気がした

先ほども書きましたがこの本は連作の短編集ですので、短編同士がほのかにつながっています。第一話に登場したキャラクターが、二話以降の主人公として次々と登場します。

それもまたみんな良い人。大きな事件は起こりませんが、さりげない日常を、それぞれが小さな悩みを抱えながらも周りの人のことを第一に思いやり行動する姿が描かれていて、心打たれます。

原田マハさんのこの世界観が大好きです。

前回のブログで紹介した「本日は、お日柄もよく」に続き、何度でも読みたくなる本の仲間入りをしました。

ちなみに前回の記事はこちらですので、ご興味ありましたらご覧ください㎜

amanda-tokyo.hatenablog.com

 

もしよかったら、皆様もお手に取ってみてください。疲れたときや心が荒んだとき、特にお勧めです。

 

それでは、今日はこちらで失礼します。

最後まで読んでくださりありがとうございました^^

良い1日をお過ごしください♪

 

ランキングに参加してみました★
よろしければ応援お願いします!

にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ  にほんブログ村 病気ブログ がんへ にほんブログ村 料理ブログ 食パンへ

 

 

プライバシーポリシーお問い合わせ