【悪性リンパ腫と生きていく】都内在住普通のOLの闘病記

2019年夏に悪性リンパ腫と診断され抗がん剤治療と末梢血幹細胞移植を受けた時の事や入院生活のtipsや通院治療中の現在の日常を思うままに書いていきます。

近況報告 腎臓は相変わらず&うなぎ

久しぶりに雨の降った月曜日、病院に行ってきました。

先週受けた心臓のエコー検査結果は特に問題なかったと聞きましたが、今度(来週)胸部エックス線検査を受けることになりました。その時は「はーい、わっかりましたぁ」と受け流したのですが家に帰ってから「???なぜなぜ???」と考え始めてしまって、検査する理由をちゃんと聞けばよかった・・・と思いました。どこか悪いのかしら?とモヤモヤしています。多分どこも悪くないけど(*‘∀‘)

でも一ついいことが。血液検査の結果、心配していた腎臓の数値は横ばいでした。ひと安心♪

ランチ

血液検査のために朝食を抜いていったので、そのぶんお昼は少し豪華に食べられます。食事制限(1日で「たんぱく質50g以下、塩分6g以下、カロリーは1800Kcalくらいとる」)はあるものの、お昼と夜の2食でクリアすれば良いので楽勝です。

腎臓が悪化していなかったら、少しくらい味の濃いものを食べてもOK!と、決めていました。

うなぎ

私は鰻が大好きです。とあるサイトによると、一般的なうな重鰻1匹150グラム、ごはん260グラム。その場合のたんぱく質の量は41gだそうです。1日50g制限の私には一食で40g超えるなんて厳しいです。なんて栄養豊富なんでしょう、、鰻様

無理。でもうなぎ好きなんです。うなぎ食べる!って心に決めていました。

しかも、どうせなら築地場外市場へ。友人が勧めてくれたお店です。

tabelog.com

こちらのお店のうな重は3種類ありました。

  • 松 → 鰻2尾、お新香、肝吸い、肝焼き 5,000円
  • 竹 → 鰻1尾、お新香、肝吸い、肝焼き 3,500円
  • 梅 → 鰻1尾、お新香、お吸い物 3,000円

メニュー

健康体だったら迷わず鰻2尾の「松」を頼むところですが、そうすると一食でたんぱく質50gを超えてしまうので「竹」にして、お米も少なめによそっていただくようにお願いをしました。

「竹」ごはん少なめ

食べ〇グでほかの方の投稿写真を見たのですが「松」だと鰻がこの2倍あってお重からはみ出るくらいの量でした。(;O;)そっち食べたかった。

お味は、たれが甘すぎずさらっと食べられます。私は普段薄味なので、鰻のかば焼きは味濃く感じるかも?と思ったのですが、意外にもこちらのお店は薄味に感じました。

食感はふわっふわです。

お店によっては皮パリパリのところもありますが、こちらは皮もやわらかく、身はより一層ふっくらしていました。お米も粒が立ってて美味しかったです。

肝吸い、肝焼きどちらも美味しかったです。くさみなんて一切なくて、丁寧に調理されているんだなぁと思いました。

人が作ってくださるお料理ってありがたいなぁと、しみじみ思いました。

 

結局夕食も合わせたらたんぱく質50gの制限を多分超えてしまったと思うのですが、めったにないことなので、1日くらいは良しとしました^^;

 

来週の通院は午前も午後も診察があり忙しいので、ランチは質素な予定です。でもコンビニスイーツくらいは食べようかな(≧▽≦)

 

それでは、今日はこちらで失礼します。

最後まで読んでくださりありがとうございました^^

皆さまもどうかお体お大事にして健康でお過ごしください☆

 

ランキングに参加しています★
よろしければ応援お願いします!

 

プライバシーポリシーお問い合わせ