【悪性リンパ腫と生きていく】都内在住普通のOLの闘病記

2019年夏に悪性リンパ腫と診断され抗がん剤治療と末梢血幹細胞移植を受けた時の事や入院生活のtipsや通院治療中の現在の日常を思うままに書いていきます。

5つ目のウィッグ

おはようございます。

 

抗がん剤で脱毛してから1年9か月。さすがに髪の毛は生えていて、ポニーテールできるくらいの長さはあるのですが、髪質が変わってしまいました。

脱毛前→普通の太さのサラサラストレート

脱毛後→猫の毛のような細さのチリチリ

(移植でドナーの髪質を受け継いだのかも知れません。)

生えそろっているのでウィッグをかぶる必要はないのですが、私としてはこの髪質に納得がいかないので隠したいのです。。。せっかく生えて来てくれた髪の毛に申し訳ない気持ちもありますが。

さてこの度、いつもかぶっているストレートロングのウィッグがボサボサになってきたので、5つ目のウィッグを買いました。

今日はその新しいウィッグについて書きたいと思います。

 

はじめに

以前も書いたことですが、私のウィッグの買い方として、お高いものを長く使うのではなく「お手頃なものを好きな時に買い足していこう」という考えでおりまして、全てネットショップで買っています。これまで4つのうち最初の2つは「 FondMi(フォンドミィ) 」というお店、あとの2つは「 LINEASTORIA(リネアストリア)」というお店で買い、今回も LINEASTORIA(リネアストリア) で買いました。

 

 ※これまでの4つを買ったお話はこちらです↓↓ もしご興味ありましたらご覧くださいmm

amanda-tokyo.hatenablog.com

5つ目♪ 

年明けからずっとストレートロングだったので、「そろそろ暑くなってくるし、ショートも良いかな?」と思ったのですが、やはり長い髪が好きなのでまたロングにしてしまいました。色も若干暗めで今と変わらず。

買ったのはこちらです↓

お値段は4,680円。安っい!ですが、2,900円のものを買ったこともあるので奮発したほうです(笑) このお店で買うのは3度目で品質は分かっているので安さに不安はなかったです。

簡易包装で、かわいい冊子もついてきました。

箱の中身

ウィッグと、ウィッグの下にかぶる黒いネット(地毛の飛び跳ねを防ぐもの)が入っています。

袋から取り出して、手ぐしでさっと梳かしてみましたが、抜け毛はありませんでした。質の悪いウィッグだと、"てぐし"で梳かしただけでモサッと抜けることがある、とどこかで読んだので。

かぶってみました

髪型の正式名称はグルーミーロング、色はリッチダークブラウン。かぶるとこんな感じです↓

長めの髪型ですが、重さは感じません。快適です。
前髪は長めなのでカットしようと思っています。

長さが分かりやすいかなと思って、鏡に映った後ろ姿を激写してみました。

肩甲骨の下まである長さです。久しぶりのこの長さ、嬉しいです♪ 夏になって暑いと感じたら横に流したりアップにしたり、アレンジも楽しそうです。ウェーブのおかげで、アレンジ下手な私でもなんとかできる(という期待を込めて…)。

通販で買う時はいつも色がドキドキですが、今回も画面で見たのと届いた物がほぼ同じでした。

※リネアストリアさんは"カラー交換サービス"というのがあって「思っていた色と違った!」という場合、装着前なら無償で交換してくれるサービスがあるので安心です。

 

抗がん剤で髪の毛が抜けたときは絶望しましたが、今はこうしてウィッグも楽しめるようになりました。この記事が、同じように悩んでいらっしゃる方のご参考に、少しでもなれれば幸いです。

 

それでは今日はこちらで失礼します。

最後まで読んでくださりありがとうございました^^

素敵な1日をお過ごしください~☆

 

 

ランキングに参加してみました★
よろしければ応援お願いします!

にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ にほんブログ村 病気ブログ がんへ にほんブログ村 料理ブログ 食パンへ

プライバシーポリシーお問い合わせ