【悪性リンパ腫と生きていく】都内在住普通のOLの闘病記

2019年夏に悪性リンパ腫と診断され抗がん剤治療と末梢血幹細胞移植を受けた時の事や入院生活のtipsや通院治療中の現在の日常を思うままに書いていきます。

フレンチトースト

朝食はパン派です^^ 家にある手軽な食材簡単にできるおいしいトーストアレンジを日々探し求めています。

 

相変わらず腎機能が悪いために低塩分&低タンパク質食を心掛けるべく、食材を削りながら栄養を確保するため、トーストを楽しむ余裕が前ほどはありませんが、卵(→高タンパク食材)は1日1個は摂るようにと言われているので、フレンチトーストは結構作ります。

 

今日はちょっと前に作ったのでご紹介。といってもひねりもなくてごく普通です…。

それではレッツゴー!

 

調理スタート

【材料】(1人分)

食パン・・・ 1枚

バター・・・ 適量

卵・・・ 1つ

牛乳・・・ 1~2秒注ぐくらい

メープルシロップ・・・ ドバドバ

粉砂糖・・・ 適当



【作り方】

(1)卵液を作る

器に卵を割って、牛乳を少し入れて混ぜます。牛乳を入れると仕上がりが少しふんわりします。

f:id:amanda_tokyo:20220108100815j:plain

卵液

ちなみに黄色い棒は「まぜ卵(マゼラン)」と言って、卵かき混ぜる専用のキッチングッズです。卵白を切るが付いているのがとても便利です。超おススメの一品で私は色違い(オレンジ色)も持っています!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

サンクラフト(SUNCRAFT) まぜ卵(マゼラン) イエロー│調理器具 その他 調理器具
価格:418円(税込、送料別) (2022/1/8時点)

楽天で購入

※画像はサイトからお借りしましたmm

(2)卵液に浸した食パンをフライパンで焼く

フライパンにバターを溶かして卵液につけた食パンを両面焼きます。少しこんがりするくらいの焼き加減が好きです。

このくらいの焼き色が好き

【思い出話】

とあるサイトで、ホテルのフレンチトーストのレシピが紹介されていて、むかーし作ったことがあります。

卵液に一晩漬けておく「とろっとろ」のフレンチトーストになる、というのです。

その時はバニラエッセンスも入れました。一晩漬けて翌朝焼いたら、書いてあったとおりとろっとろに仕上がり見た目も香りも食感もプリン。スプーンで食べるレベルでした。デザートを食べたいときは良いけれど、トーストじゃないなぁと思いました。

~~思い出話はここまで~~

(3)メープルシロップと粉砂糖をかけて完成

ハチミツでも良いと思いますが、移植後の食事制限で私はハチミツNGなのでメープルシロップをかけました。ドバドバかけました。

ついでに粉砂糖も振りかけました。見た目良くちゃんとやろうとしたら、ふるいを使ってサラサラかけるのが乙女だろうと思ったのですが、ダマを気にせずぶっかけました(笑)

この日はお砂糖控えめ

もっと激しく粉砂糖を振りかけた日もありました。

f:id:amanda_tokyo:20220108102433j:plain

お砂糖ぶわっさー!

これで完成★

 

感想

安定の味です。バター多めだととーっても幸せな気持ちになれます。

フレンチトーストは、焼いている間が一番幸せかもしれない。バターのかおりがとっても好きです。

卵液にバニラエッセンスを入れるとぐっとスイーツ感が増すし、トッピングに味の濃いものを乗せてバランス栄養食的にもなるし、気分に合わせてアレンジできるのもフレンチトーストの良いところです。

今回はシンプルでしたが、これから色々なトッピングに挑戦してみます!

 

それでは、今日はこちらで失礼します。

最後まで読んでくださりありがとうございました^^

素敵な1日をお過ごしください~☆

 

 

ランキングに参加してみました★
よろしければ応援お願いします!

プライバシーポリシーお問い合わせ