【悪性リンパ腫と生きていく】都内在住普通のOLの闘病記

2019年夏に悪性リンパ腫と診断され抗がん剤治療と末梢血幹細胞移植を受けた時の事や入院生活のtipsや通院治療中の現在の日常を思うままに書いていきます。

【カレーパン】を作った話

おはようございます。

1か月も前、11月23日(火)のことですが、久しぶりにパンを作ったのでそのことを書きたいと思います。

きっかけは食品棚の整理です。

「いつかカレーパンを作る用に」と少し前に買っておいたレトルトカレーを発見したので『思い立ったが吉日』とばかりに昼食に作ることにしました。

 

これまでも何度かパンを作っている私ですが、前回あんパンを爆発させました。今回はカレーです!カレーパンが爆発したらきっとすごいことになる…( ;∀;) 
絶対に爆発させてはならない。そんな使命を背負っていざ取り掛かります。

さてどうなったでしょうか…?!

それではレッツゴー!

生地作り

パン作る!といいつつ、生地から手作りする時間はなかったので生地はホームベーカリーに丸投げすることにしました。

<言い訳>
だって私の知っているレシピは、冷蔵庫で一晩寝かせて発酵させるから絶対にお昼に間に合わないのですもん(*´з`)

※以前にもご紹介させていただきましたが、私のパン作りのバイブルは吉永麻衣子さんのこちら↓の本です。8時間以上冷蔵庫で生地を発酵させる作り方です。

 

※↓のエントリーで本の紹介をしていますので、もしご興味ありましたらご覧ください㎜

amanda-tokyo.hatenablog.com

 

具材の用意

私はスパイシーなカレーが好きなので一から手作りしたいところなのですが、我が家にカレーが苦手な人がいるので、おこちゃま用のレトルトカレーを使います。でもひと手間加えます。→吉永麻衣子さんの本によると、普通のカレーのままだとカレーパンの具としてはゆるくて包みにくいので、マッシュポテトなどを加えると良いのだそうでした。

アンパンマンのカレー(甘口)♪

写真右側のつるんとしたクリーム色の物体は皮を剥いたジャガイモです。レンチンしてからマッシュポテトにして加えます。

ジャガイモをまずは半分投入

ここで気が付いたのですが、クリーミーなマッシュポテトでなくても、そもそもカレーの具としてジャガイモが入っていて当然なので、包みにくくならない程度の大きさ(小ささ)につぶして混ぜることにしました。

小粒にしたジャガイモが馴染んだ

このほか、生地でカレーを包んだ後に【卵液】にくぐらせて【パン粉】をまぶすのでその準備もしました。カツを作るのと同じ感じです。

パン粉にはオリーブオイルを染み込ませておきます

溶き卵の写真は撮りませんでしたので省略。

準備はここまでです。

成形

ホームベーカリーが作ってくれた生地の登場です。

ドドーン。

一次発酵済み

レシピでは12個分です。量りながら等分したところ一つ一つがとても大きく感じられたので16等分にしました。モタモタしていると発酵が進んでしまうので、ここからは時間との戦いです。

いよいよカレーを包みます。ここで失敗するわけにはいかない…絶対に完ぺきに閉じるんだ!!と自分に言い聞かせました。

具の量適当

早速ですがパン生地に対する具材の量がよく分かりません・・・迷ったり計ったりする時間もないので勘でいくしかない!

5つ包んだところでカレーがなくなりました。

それっぽく出来た!

油ギトギトだったりパン粉がまだらだったり・・・個体差が激しいですが、それっぽく出来上がりました。が、右上に怪しい子が一人います。。。

じっくり見てみましょう↓

割れ目からカレーが見えてるよぉぉぉ

どどどどうしよう・・・ とりあえずそっとしておきます。

二次発酵

成形してから二次発酵です。40℃に温めたオーブンに20分閉じ込めたら、一回り大きくなりました。

隙間がギリギリ

あの子は・・・

割れ目が少し成長してる…( ;∀;)

発酵して割れ目も大きくなった気がするのですが、ここで触って破けでもしたら…と思うと怖くて触れませんでした( ;∀;)

このまま行くしかありません。

焼き

爆発するといってもボンッ!!となったり危険な事にはならないので、覚悟を決めてオーブンの扉を閉めました。あとは祈るのみ。。どうかどうか無事に焼けますように。

・・・15分・・・

・・・20分・・・

ついに焼きあがりました。

ご覧ください!

↓↓↓

完成★

セーーーーーフ!(なの?)

判定微妙ですが「あの子」以外、5個中4個はちゃんとしたものになったと思います。

これは『成功』と言っていいのではないでしょうか?!

それでは気になるあの子を見てみましょう。

問題の「あの子」

鉄板から移動。お皿に乗せてみました!

 

お皿に乗せてみました

ここで事件発生です。「あの子」をお皿に乗せる時に手が滑って見事にひっくり返してしまい、漏れてたカレーがドバっとこぼれ落ちました。当然パン粉も散らばりました。が、詰め直してみた結果、パン粉まみれのカレーがトッピングされたカレーパンとなりました。カオスですが、これはこれでアリかと!

 

そのほかの4つは比較的きれいに出来たと思います。2つだけアップの写真載せます。

美人さん

右下ちょっといびつ(笑)

カレーパンは5つしか作れなかったので、残ったパン生地はチョコパンにしましたが、長くなってきたのでまた別の機会に書かせていただきます。

 

味は?

ジャガイモをプラスしたことによる味への影響は皆無です。刺激控え目のマイルドカレーパンでした。

家族は『パン屋さんのカレーパンのカレーの味がするカレーパン』と言っていました。???・・・たぶん誉め言葉です(*'▽')(笑) でもそれだと「パン屋さんがレトルトカレー使ってるの?」ってことになっちゃいますが(笑) おそらく「どこかで食べたことのある、売ってるカレーパンのような(安定した)味」という感想なのでしょう。私自身もそう感じました。

普通のカレーパンと違う点もあって、普通は油で揚げることが多い中このレシピは揚げないのが特徴です。それでも外はパン粉がサクっとして噛んだ瞬間は「カリッ」「サクッ」と音がするほどです。小麦粉の香りもふわっとして、とてもおいしく出来ました。

 

 

やっぱり手作りパンは出来立てが食べられるので一層美味しく感じます。

大成功!ではないですが、意外とちゃんとできたのでまた別のパンにも挑戦したいと思いました。

 

長くなってしまいました・・・

最後まで読んでくださりありがとうございました^^ お疲れさまでしたmm

素敵な1日をお過ごしください~☆

 

 

ランキングに参加してみました★
よろしければ応援お願いします!

プライバシーポリシーお問い合わせ