【悪性リンパ腫と生きていく】都内在住普通のOLの闘病記

2019年夏に悪性リンパ腫と診断され抗がん剤治療と末梢血幹細胞移植を受けた時の事や入院生活のtipsや通院治療中の現在の日常を思うままに書いていきます。

入院10日目【入院あるある】

おはようございます。

 

突然の下痢&血便のために先週から入院中で、今日で10日目です。

退院予定日は火曜日、もうすぐです。おかげさまで元気もりもりです。

 

今日もクリスマスを発見

先日に続き、​新たにクリスマスの装飾を発見しました⛄️🎄

キラキラ加工してみました

おとといご紹介したのとは別のツリーです。あとでもう一度見に行ったらライトがチカチカ灯っていました^^

 

リースもありました↓

厚みがあるので自立するから置いて飾れます

 

患者さんの手作りであろう折り紙の作品も♪↓↓

トナカイかわいい

これは病院【あるある】かも。入院中にリハビリ目的や暇つぶしに折り紙をする人をよく見かけますが、みなさん出来上がると「フロアに飾って~」と看護師さんに渡しています。なのでナースステーションには歴代の患者さんによる作品が山ほど保管されているのでは?…と想像します。

 

【あるある】といえば、、【大部屋入院あるある】を5つ書きます。

ちなみに、私のいる“大部屋”は4人部屋で、廊下との境にドアはなく個人スペースはカーテンで仕切られています。部屋ごとに男女別です。(どこの病院も同じかな)。

(1)眠れない人

看護師さんに「ぜんっぜん眠れなかったのよ、もう!」と訴えるおばさま。

いやいや、あなた寝てましたよ~!夜の間じゅうグーグー寝息聞こえてたから!と内心思うのです (°∀°)

(2)突然知らない人がカーテン開けて乱入

大部屋はドアもないし、どこも似たような造りだから、ベッド間違えちゃうこともありますよね( ´∀`)ドンマイ♪

(3)何度もすれ違う患者同士

リハビリのつもりで時計回りに病棟を歩き回り途中ですれ違う人に会釈をしたら、半周してまた出会いました。
その方は時計回りにお散歩してて、その後何度もすれ違うたびに微妙な空気になりました。

(4)突然聞こえる爆笑

大部屋ではイヤホンをつけてテレビを観るルール。カーテン越しに大爆笑が聞こえる事あります。たまたま同じ番組を観ていれば「今面白かったよね(*^^*)」と同調出来るのですがそうでない時はビックリします(笑)
特に、林家パー子さんバリの「キャっハ~!🤣🤣🤣」という突然の笑い声は心臓に悪いです。

(5)行動がまるわかり

独り言が激しい人がたまにいます。
「歯を磨かなくちゃ」
「そろそろトイレに行こっかなー」
「厚焼き玉子だわ、ん?だし巻きかな!んーどっちでも食べる食べる~」
「何このフタ、かったい!開かないわぁ」
「あーめんどくさっ!」
・・・圧倒的にご年配の方に多いですが、可愛らしいなと思います😍

 

どれも今の入院中の同室の方に限った話ではなくて、これまでの経験をまとめて書かせていただきました。(→同室の方の名誉のために、念のため補足させていただきます㎜)

 

それでは、今日はこちらで失礼します。

最後まで読んでくださりありがとうございました^^

皆さまもどうかお体お大事にして健康でお過ごしください☆

 

ランキングに参加しています★
よろしければ応援お願いします!

 

プライバシーポリシーお問い合わせ