【悪性リンパ腫と生きていく】都内在住普通のOLの闘病記

2019年夏に悪性リンパ腫と診断され抗がん剤治療と末梢血幹細胞移植を受けた時の事や入院生活のtipsや通院治療中の現在の日常を思うままに書いていきます。

入院8日目

こんにちは。

 

突然の下痢&血便のために先週から入院中で、今日で8日目です。

おかげさまで元気復活して退院が見えてきました(≧▽≦)

 

今日の出来事

​病棟にクリスマスツリーが飾られていました。

ちゃんとライトもチカチカします。可愛い(´・∀・)

もうクリスマスなのですね…ということは、早いもので今年もあと1ヶ月!
年賀状も書きたいし、お部屋や家の片付けもしたいし、、、
退院したらやりたいことがたくさんあります。でもいざ帰ったらぐうたらしそう…(笑)

そういえば、外は寒いのでしょうか?

入院中はあまりテレビを、特に天気予報は見ないので外の様子が分かりませんが、窓から街行く人の服装を見るとすっかり冬物で手袋やマフラーをしていますね…寒そうです。

 

骨髄検査

さきほど骨髄検査(通称:マルク)を受けてきました。

うつ伏せに寝て、腰の辺りから注射針のようなものを刺して骨髄液を吸い取る検査です。 局所麻酔はしますが、これはちょっと痛いかも。なんというか、吸い取る瞬間にこれでしか味わったことのない「魂抜かれる」感覚に襲われます(笑)

この検査について前に詳しく体験談を書いたので、もしご興味ありましたらご覧くださいmm

amanda-tokyo.hatenablog.com

 

ちなみにこの検査は今回の入院の元となった血便とは全く関係なくて、移植2年の節目でがん細胞がないことを確認する為のものです。

先日のPET-CT検査に加えてこの骨髄検査でもがん細胞がないことを確認して、やっと本当に安心出来ます。

結果は次の外来通院時に聞くことになると思いますが、最近の血液検査でも怪しいところはないので99%大丈夫だと思っています。

 

それでは、今日はこちらで失礼します。

最後まで読んでくださりありがとうございました^^

皆さまもどうかお体お大事にして健康でお過ごしください☆

 

ランキングに参加しています★
よろしければ応援お願いします!

 

プライバシーポリシーお問い合わせ