【悪性リンパ腫と生きていく】都内在住普通のOLの闘病記

2019年夏に悪性リンパ腫と診断され抗がん剤治療と末梢血幹細胞移植を受けた時の事や入院生活のtipsや通院治療中の現在の日常を思うままに書いていきます。

リハビリ外来~筋トレメニュー~

こんにちは

 

昨日は外来通院日でした。悪性リンパ腫のほうの定期的な通院です。

GW前に「むくみ」について相談してきて、やっぱり筋肉がつかないことが原因の一つだろうということだったのでリハビリ科につないでもらいました。

 

久しぶりのリハビリルーム

入院中、コロナが流行し始める前は毎日通っていたリハビリルームにおよそ一年半ぶりに入りました!ドキドキ…

※余談※コロナが流行ってからは移植後の患者は病棟から出るの絶対NGになったのでリハビリルームにも行けなくなりました。以降のリハビリは病棟内で出来る範囲で行っていました。

 

女性の作業療法士さんが担当についてくださいました。

また、ほんの一瞬でしたが、入院中にお世話になっていたリハビリの先生にも会って挨拶できました。嬉しかったー!(≧▽≦)(≧▽≦)(≧▽≦)

 

現状把握

まずは血液検査のデータとカルテを見ながら、全身の状態を確認。

血液検査は「アルブミン」の値に注目して、基準値より低く推移しているから、ずっと低栄養状態(笑)だということが分かりました。

「お食事はとれていますか?食欲はありますか?」という質問には「はい!」と即答しました。だって私、、、退院してからずーっと食欲だけは常にものすごくあるんです。

体重の推移も、移植後→移植前→抗がん剤治療前後→入院時とさかのぼって確認して、抗がん剤治療の頃にがくっと体重が減ってから戻っていないことが判明。移植後に腸管のGVHD(※)になったせいで、腸が全体的に傷付いて機能低下した状態のために栄養がうまく取り込めていないんじゃないかな?と言うことでした。

GVHD=ドナーさんの細胞が私の正常臓器を異物とみなして攻撃することによって起こる免疫反応の一種。[graft-versus-host disease:移植片対宿主病] 
いくら食べても体重が増えない理由はこれだったんだーと納得。
それならば!どんなにカロリー高いもの食べても大丈夫だわぁ(*´▽`*)ぐふふ

それから、カルテを見ながら治療履歴を確認して、やはり長いことステロイドを使っている影響で筋肉がつきにくくなっているんだろうと言うことになりました。

そのあとは課題に感じている下半身の筋肉の強さを見て、握力も測りました。握力は約一年前の退院時よりも右は3キロ、左も1キロ増えてて嬉しかったです(*^^*)

 

筋トレメニュー作り

紙に描いてくれたよ☆

家で毎日やる筋トレメニューを作ってもらいました!

スクワット的なのと、椅子に座ったまま出来る太もも強化の運動を2種類です。

毎朝のお散歩も継続するようにとのことでした。

 

次の予定

上に書いたメニューを毎日続けて、6月に経過観察のためにまた時間をとってもらうことになりました。

それから栄養面の話もあったのですが長くなったので今日はここまでにします。

 

やる気に満ち溢れています(≧▽≦)

 

それでは、今日はこちらで失礼します。

最後まで読んでくださりありがとうございました!

良い一日をお過ごしください☆

  

ランキングに参加してみました★
よろしければクリックで応援お願いします!

にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ  にほんブログ村 病気ブログ がんへ にほんブログ村 料理ブログ 食パンへ

 

プライバシーポリシーお問い合わせ