【悪性リンパ腫と生きていく】都内在住普通のOLの闘病記

2019年夏に悪性リンパ腫と診断され抗がん剤治療と末梢血幹細胞移植を受けた時の事や入院生活のtipsや通院治療中の現在の日常を思うままに書いていきます。

抗がん剤治療(スマイル療法)の詳しい説明を受けたお話

おはようございます。


今日は病気(悪性リンパ腫)の治療について書こうと思います。

悪性リンパ腫にもたくさんの「型」があり、型によって治療が異なります。私がかかったのは比較的希少ということで、型の特定まで8日かかりました。


節外性NK/T細胞リンパ腫 鼻型 と言うのが私の型の名前です。「はながた」って、「✨花形✨」じゃないんだぁってちょっとガッカリです(*´з`)

なぜ鼻なのかというと、鼻に出来ることが多いから、だそうです。

※おかげで私も鼻の検査をしました。が、鼻にガンは見つかりませんでした。

英語名は「extranodal NK/T-cell lymphoma,nasal type」で、nasalが「鼻」ですね。ちなみに【ENKL】って略すそうです。


この型は症例数が多くないそうです。実際に私は入院していた10ヶ月間、同じ型の人に出会いませんでした。ネットで情報を探すと医学論文などの専門的な情報は出てきますが、治療体験ブログとかの、私のような知識のない素人に分かりやすい情報も全くなかったです。だからどんな治療になるのか?予後はどうなのか?とすごく不安でした。

 

治療は?

治療はがんの進行度によって異なる、と説明を受けました。

  1. 限局期→放射線抗がん剤
  2. 進行期→抗がん剤+移植(自分の骨髄 or 他の人から)

 私は 2. 進行期  だったので抗がん剤+移植」になりました。


SMILE療法(すまいる☺)

そして、抗がん剤治療の名前は【SMILE療法(すまいる☺)】。とっても可愛い名前ですよね(≧▽≦)

先生からは、主に副作用についてのお話をメインに以下の説明がありました。

  • 骨髄抑制

  ・白血球が減少することで感染症、発熱、肺炎、敗血症などのリスクが高まる

  ・赤血球と血小板が減少するために輸血が必要になる

  • 臓器障害

  心臓、肺、肝臓、腎臓などに障害が発生するリスクがある

 

まとめるとこんなに簡単な文面になりますが、実際にはとても丁寧に説明してくださったので、聞いた限り疑問はなかったのですが抗がん剤で髪の毛が抜けるのか?」は聞きました。やっぱり、抜けると言われて、気が重くなりました。。
あと、移植がマストだということもやはりショックでした。 誰かに迷惑をかけるんだっていうのが、やっぱり辛かったです。

 

 

 

それでは、今日はこちらで失礼します。

最後まで読んでくださりありがとうございました^^

良い一日をお過ごし下さい♪

 

ランキングに参加してみました★
よろしければ応援お願いします!

にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ  にほんブログ村 病気ブログ がんへ にほんブログ村 料理ブログ 食パンへ

 

※過去の記事へのリンクを貼らせていただきます。

●病気「悪性リンパ腫」だと分かった日の日記
●型が絞れてきたよ、っていう日の日記
 

●ついに型が確定したよっていう日の日記 

 

プライバシーポリシーお問い合わせ