【悪性リンパ腫と生きていく】都内在住普通のOLの闘病記

2019年夏に悪性リンパ腫と診断され抗がん剤治療と末梢血幹細胞移植を受けた時の事や入院生活のtipsや通院治療中の現在の日常を思うままに書いていきます。

検査体験談 ~造影CT検査~

おはようございます。 
 
こちらのブログで、悪性リンパ腫になる前やなってから受けた検査や治療の体験談をいくつか書いてきましたが、今日は「造影CT(ぞうえいしーてぃー)検査」について書きます!
医療従事者ではなくただの患者なので、知識はありません。あくまでも患者目線で知り得た事柄と個人の感想ですのでご了承くださいmm 間違いがあったらコメントでお知らせ頂けるとありがたいです。
 
いったん“造影”はおいといて…

CT検査とは

 (CT検査|北里大学病院 放射線部 より引用して抜粋) ↓ 分かりやすくまとまっている左記サイトから引用させていただきました。

  • CTとはComputed Tomographyの略称です。放射線を利用して、人体の断面像を得る検査です。
  • ヨード造影剤を使用しないで検査する単純CT検査とヨード造影剤を静脈から注入し、検査する造影CT検査があります。
  • 検査部位・目的によっては、ヨード造影剤を使用することで、より濃淡のついた画像となり、病変部を明瞭に描出できます。

 

なお、造影剤を使用するか?の判断時、主治医の先生が血液検査の結果のうち肝臓や腎臓の値を慎重に確認していました。看護師さんからも「これまで造影剤を使ってアレルギーなどはなかったか?」の確認が何度も何度もありました。 

 

検査の流れ

※外来で受けた時の流れです。入院中の方はちょっと違うかも。ちなみに検査の予約時間は【AM10:30】でした。
 
 
前日
夕食の時間制限などはありませんでした。
 
当日
  • 朝食:検査2時間前までに済ませておきます。食べ物や飲み物に制限はとくになし
  • チェックイン:予約時間の15分くらい前に受付でチェックインします
  • 服装:金属が付いている下着やベルトなどは脱ぎます。カイロや湿布類も着けていたら外します。私は上半身はニット、下はファスナーなどが付いていないロングスカートで行ったので、検査着に着替えることなくそのままの格好で検査を受けることが出来ました
  • 問診:看護師さんの問診があります(当日の体調や既往症などについて)
  • 注射:問診結果に問題がなければ“あとで造影剤を注入するため”の注射針とチューブを右腕(ひじ下)の静脈に注射してもらいます。「右腕」の主な理由は左よりも心腔に近いからだそうです。距離が短い方が造影剤も早く届きますもんね^^
  • 注射針とチューブはテープで右腕に固定されますが、その末端(注射器)は自分で持つように言われます(´Д`) ので、この先ずっと握りしめています(笑)
  • 入室:検査室に呼ばれたら、名前の確認後、靴のままベッドに上がって寝ころびます
  • いよいよ検査:検査技師さんが体の位置を微調整して検査スタート!
  • まずは「単純CT」:(私の場合)最初は造影剤なしで撮影。「息を吸って…止めてください」の指示があるのでその通りにしながら撮影が進んでいきます。5分ほどで終わりました
  • 【造影剤の注射】:いよいよ「造影CT」です。看護師さんが来て優しく説明してくれるので、注射器を握りしめていた右手をやっと解放します(笑) 造影剤の注入は3秒ほどで終わります。注射後、体がじわ~っと熱く感じます。私の場合は、頭全体、顔回り、肩周辺、そしてお尻(尿道?)がカーっと熱くなりました。お尻が熱くなることでお漏らしをしてしまったと勘違いする人も少なからずいると聞いていましたが、そこまでではなかったです。
  • 撮影:熱くなって不安感はありますが撮影は続きます。再び「息を吸って…止めてください」の指示があるのでその通りにして、5分ほどで終わりました
  • 後処理:検査技師さんが注射針とチューブを抜いて止血の包帯を巻いてくれます。30分くらいしたら外すよう言われました
  • 退室:ベッドから降りて、支度ブースに戻ります
  • 着替え:身支度を整えておしまい お疲れさまでした\(^o^)/

f:id:amanda_tokyo:20201024233518p:plain

怖くないよ~^^
 
検査後の注意事項としては、造影剤は尿から排出されるほかないので検査当日はお水などの水分をたくさんとるようにとのことでした。
 
 
【2021/2/1 10:15追記】
※今回私は腹部のみの撮影でしたので入室して15分弱で終わりましたが、撮影部位によってかかる時間や手順は異なると思いますので、ご参考までになさってください。
コメントで教えていただきましたが、心臓(心室や心房)の検査をなさった方は撮影に30分強かかったそうです!また、機械が回っているようなも印象的だった、とのことです。(yasubelogさん、情報ありがとうございました)
 
 

受けた感想

この検査は何度か受けていますが、造影剤を注射したことによる痛みや体調不良は今のところありません。ただ、造影剤が体に入った時に熱く感じるのは毎回同じで「大丈夫かな?!」と少し不安にもなりますが、すぐそこで検査技師さんや看護師さんが見守ってくださっているので安心しています。撮影自体は寝ころんでいたら終わりますし痛みは全くない検査です。
 

 

それでは、今日はこちらで失礼します。 

最後まで読んでくださりありがとうございました☆

内容に間違いや気になる点がありましたらコメントでご教示いただければ幸いです。

プライバシーポリシーお問い合わせ