【悪性リンパ腫と生きていく】都内在住普通のOLの闘病記

2019年夏に悪性リンパ腫と診断され抗がん剤治療と末梢血幹細胞移植を受けた時の事や入院生活のtipsや通院治療中の現在の日常を思うままに書いていきます。

造影CT検査速報☆無事でしたー!

おはようございます。

 

先日通院して腹部の造影CT(※)を撮ってきました。年末に肝臓エコー(超音波)検査で見つかった小さな白い影が今回撮ったCTでは病変と認められなかったとのことで、何も心配いらない!!ということになりました。良かったー!(^^)/

 

(※)造影CT:放射線を使用して人体の断面を得る検査がCT(Computed Tomography)です。造影剤を使わないものを“単純CT”と呼びます。造影剤を使うことでより濃淡のついた画像が得られ病変部を明瞭に描出できます。

(検査の体験談はまた今度詳しく書きます! )

 

 

移植1年経って、画像診断系の検査がひととおり終わりました。全て順調だと思います。自分で出来ることは何もなくて神頼みでしたが、すごく嬉しいです。。。

いつ再発するか分かりませんが、今は健康でいられること、順調に治療やリハビリが続けられることに感謝して、毎日大事に生きていこうって改めて思いました。

f:id:amanda_tokyo:20210113155944p:plain

 

また明日からも、1日1日を大切に頑張ります。

 

 

今日も最後まで読んでくださりありがとうございました^^

健康な体あっての日常です。皆さまもどうかお体をお大事にしてお過ごしください☆

自分の体を一番大事にしてあげられるのは自分自身です。

プライバシーポリシーお問い合わせ