【悪性リンパ腫と生きていく】都内在住普通のOLの闘病記

2019年夏に悪性リンパ腫と診断され抗がん剤治療と末梢血幹細胞移植を受けた時の事や入院生活のtipsや通院治療中の現在の日常を思うままに書いていきます。

PET検査速報☆無事でしたー!

こんにちは。

通院してきました。

PET検査(※)の結果、全身にがん細胞がないことが確認できました。良かったー!(^^)/

(※)PET検査(ペットけんさ):がんなどの病変を検査する画像診断法の一つ。
微量の放射線で目印をつけたブドウ糖を体内に投与してから専用のカメラで撮影すると、がん細胞が光っているように表示され、がんの位置や大きさ、活動の状態を判断することができます。

※↓↓↓に体験談を書いています。ご興味ありましたらご覧ください㎜ 

amanda-tokyo.hatenablog.com

 

詳しいレポートはまた後日なのですが、検査終わってすぐの画像を見た先生のコメントでは「病変は認められない」とのこと。ひとまず安心。。。

 

と言っても、ひとつだけ小さな心配事が残っています。

年末に肝臓のエコー(超音波)検査で白い影がみつかり、それについてはまた次の通院時により詳しくCT検査をすることになりました。PETでがん細胞は認められなかったのでおそらく心配はいらないという事ですが、PET検査は肝臓周りの診断にはやや不得手だそうですので念のためCTしよう、とのことです。

 

でも、何度も書いちゃいますが、「本当に良かった」。。

具合悪い日が続いていたので覚悟していたので…。

 

健康であることに感謝して、毎日大事に生きていこうって改めて思いました。

f:id:amanda_tokyo:20210113155944p:plain

また明日から、頑張ります。

 

今日も最後まで読んでくださりありがとうございました^^

皆さまもどうかお体お大事にして健康でお過ごしください☆

 

プライバシーポリシーお問い合わせ