【悪性リンパ腫と生きていく】都内在住普通のOLの闘病記

2019年夏に悪性リンパ腫と診断され抗がん剤治療と末梢血幹細胞移植を受けた時の事や入院生活のtipsや通院治療中の現在の日常を思うままに書いていきます。

サンタさんからのプレゼントを組み立てた話(小さな活版印刷機)

おはようございます^^

昨日、東京は気温が低く冬らしい寒さでしたが良く晴れて爽やかでした。太陽の日差しを浴びながら家の中でぬくぬくと工作をしました。

クリスマスに(サンタさんから)大人の科学マガジン「小さな活版印刷機」をもらったのです…。

本屋さんでも売ってるみたい


この大人の科学シリーズ、名前だけ知っていましたが実物を手にしたのは初めてです。

最新号は2020年12月発売の Vol.47「万華鏡プロジェクター」で、この「小さな活版印刷機」はVol.45、約3年前の2017年12月発売のものでした。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

学研 大人の科学 小さな活版印刷機│クラフト書籍
価格:3850円(税込、送料別) (2021/1/10時点)


 

大人の科学https://otonanokagaku.net/index.html

(バックナンバーからこれまでの全付録(46種類)が見られます)

 

万華鏡の方がロマンティックじゃないか、サンタさん!(*'▽')

でももらったのはなぜか活版印刷機。渋い渋すぎる。と思ったのですが、冊子を読んでいるうちにだんだんワクワクしてきました。

 

工作開始!

図工は得意ではないです^^; おまけに薬の副作用か何かで、手指が痺れているので細かな作業はあまり自信がありません。

でもねでもね…

大丈夫、すごく分かりやすい~

説明書がすごく丁寧でした。これを見て「30分で組み立て終えてみせる!」と心に決めました。

パーツは多いよ…

部品はたくさんありました。これが本の付録だなんて。ねじで留める部分が数か所ありますがドライバーも入っているので必要なのはビニール袋を切るためのハサミだけです。至れり尽くせり!

 

そんなこんなで、、、

 

もう出来た!

組み立てる工程は写真撮るまでもなかったので大幅に省略しました。すみません。あっという間に完成です\(^o^)/ 指が痺れていたからか分かりませんが、小さなねじを何度か落としてヒヤッとしましたが無事に出来ました。

 

さぁ、これで好きな言葉をセットしたら印刷できる!

さてさて、、、文字はどれくらい揃っているのでしょうか。

 

ひらがな

アルファベットと数字と記号

こ・れ・だ・け です!( ;∀;)

カタカナがない!簡単な漢字もない!一文字一つずつしかない( ;∀;)

 

使い道に頭をひねる

瓶とかに貼るラベルをこれで印刷したらかわいいんじゃないかと思っていたのです。

「suger」「PEPPER」「小麦粉」とか、、、オシャレな感じのアレです。

「suger」はできる。けど「PEPPER」はPが3回、Eが2回あるので何度も刷らないと(> <)

「小麦粉」も漢字はないからひらがなで「こむぎこ」になるけれど“こ”が2回ある。

 

いや、そもそもこれは同じ原稿を何枚も刷るために発明されたもの。なので私のやりたい使い道がイレギュラーなんですよね。

本来はショップカードとか作るのに向いているのだと。

こうなったら「THANK YOU」のカードを大量生産して感謝を伝えたい人に渡そうかな(;´∀`) それか普段素直に言えない言葉…「ごめんなさい」とか「すき」とかですかね、、うーん、おかしい(笑) もらったほうも困っちゃいますね!

 

結局刷る言葉が見つからず印刷出来ませんでした!

しばらく考えてみて、良いものが出来たら後日ご報告できればと思います。

工作自体はとても楽しかったし、ワクワクは継続しています。

 

 

最後まで読んでくださりありがとうございました!

皆さまにとって良い1日になりますように^^

 

プライバシーポリシーお問い合わせ