【悪性リンパ腫と生きていく】都内在住普通のOLの闘病記

2019年夏に悪性リンパ腫と診断され抗がん剤治療と末梢血幹細胞移植を受けた時の事や入院生活のtipsや通院治療中の現在の日常を思うままに書いていきます。

【チョコ×バナナ×メープル×キウイ】トーストじゃなくて・・・

朝食はパン派です^^ 自宅にある手軽な食材簡単にできる美味しいトーストアレンジを日々探し求めています。

昨日はパンを切らしていたので代わりに“あれ”に果物を乗せてトーストしてみました (#^^#)

 

パンがない☆

前日の夜から明日の朝食用のパンがない事に気付いていました。我が家はホームベーカリーでパンを焼いているので、朝食の時間に合わせて焼きたてパンを作ることもできるのですが、昨夜はそれをせずに「明日の朝、その時の気分で考えよう」と思って寝ました。

朝起きて、ちょっとだけ考えました。ホットケーキを焼いても良いし、スコーン作っても良いし、シリアルでも良いし、、、で、冷凍庫を開けたら【ナン】が場所を取っていたので片付けることにしました。

 

ナンのアレンジだとチーズを使ったピザ系のレシピが浮かびますが、今朝は軽めの気分だったのでフルーツで♪

りんご(ふじ)とキウイとバナナがありました。りんごは別で食べたかったし、バナナは先日【バナナ×メープル×シナモンのトースト】を作ったので、キウイに決定。ただしナンの面積が広いのでチョコバナナも同居させることにしました。

甘みは“ハチミツ”で、と言いたいところですが移植患者的にNG食材のためメープルシロップを使います。

 

乗っけスタート

 

【材料】(ナン1枚分)

キウイ:2分の1個

バナナ:2分の1本

メープルシロップ:適量

チョコレート:一口サイズの板チョコを1枚

 

では早速作っていきます!

【作り方】

冷凍のナンは冷凍のまま1000wのトースターで2分加熱でふっくらと解凍できました。(写真忘れました)

 

扇形に切ったキウイを真ん中に、輪切りのバナナをその左右に、上から粉々に刻んだチョコをナンの下半分だけに振りかけます。(上半分はメープルシロップかけるのでチョコはかけません) ↓↓↓

白飛びしてます

 

トースターに入れて再び1000wで2分加熱しました。

チョコが焼けるような香りが漂ってきたら「もういいよ♪」の合図です。チョコが溶けていたら完成。↓↓↓ 

 

写真分かりにくいですが、ナンの上半分はチョコを散らさずメープルシロップをかけました。↓↓↓

こちらはメープルゾーン

 

【感想】

■味

まず焼きチョコの香ばしさが幸せを運んでくれます。

チョコ×バナナは安定のおいしさ。チョコ×キウイも甘みと酸味の絶妙なバランスが◎です。

メープルシロップも美味しいのですが、チョコのあとに食べると味のインパクトがやや薄れるので、ここは何とかしたいところです。ハチミツならもっと甘さがくると思うので、メープルシロップの限界かも知れません。

 

■焼き加減

ナンに焦げ色が付くくらいカリカリに焼くとサクサクパリパリした食感になってぐっとお菓子っぽくなります。今回のように焦げ色をつけないとナンのふわふわ食感が味わえて食事パンを食べてるのに近い感覚になります。その時の気分次第でカリカリorふわふわを選べて良いなと思いました。

 

■見た目

可愛くなかったですね💦 チョコレートは最初に溶かしてソース状にしてかけるほうが美しいと分かっているのですが…「手抜き」がしたいのでこれで良いんです^^;

 

 

こんな感じでお料理とは到底言えないトースト制作を今回も楽しみました。

まだまだこれからも探求し続けます!

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

皆さま良い土曜日をお過ごしください☆

プライバシーポリシーお問い合わせ