【悪性リンパ腫と生きていく】都内在住普通のOLの闘病記

2019年夏に悪性リンパ腫と診断され抗がん剤治療と末梢血幹細胞移植を受けた時の事や入院生活のtipsや通院治療中の現在の日常を思うままに書いていきます。

入院あるある ~洗濯~

おはようございます。

今日は曇り空ですが、昨日の東京は良い天気でした。

洗濯をして、外に干したら半日で乾きました。

取り込んだタオルが柔らかそうだったので頬に当てたら、そのふわふわ具合に感動(≧▽≦) 好きな柔軟剤の匂いに包まれて「幸せだぁぁ」って思いました。こんな些細なことで幸せを感じてしまうなんて…。

そして入院中のことを思い出しました。

f:id:amanda_tokyo:20210104231741p:plain

 

入院中の洗濯事情

入院中はパジャマ4着をローテーションしていたので、3日に1回洗濯していました。私がお世話になっていた病院の洗濯機事情ですが…

病棟に洗濯機と乾燥機が2台ずつと、洗濯機と乾燥機が一体になっているもの(ドラム式)が1台ありました。

洗剤や柔軟剤はセットされているため不要です。自分で買わなくて良いので助かると言えば助かるのですが、好きな柔軟剤が使えないのは寂しくも感じました。

なので退院した今、好きな柔軟剤を使えてとても嬉しいのです(≧▽≦)

 

・・・病院に話を戻すと、お値段と所要時間はこんな感じでした↓↓↓

  • 洗濯→100円、約40分
  • 乾燥→100円、約60分(でも1回では乾かないので2回することのほうが多い)
  • 洗濯と乾燥一体型(ドラム式)→400円、約2時間半(乾かない場合あり)

 

乾燥60分

そろそろ乾燥が終わるかなと思って、取りに行って、湿っていた時の絶望感。。。

入院あるあるではないでしょうか。

洗濯物多すぎたかな?と猛烈な悔しさが襲ってきます。

さてどうするかというと、ベッドサイドに洗濯物を干す訳にはいかないので(干してる人いましたが^^;)、もう一度乾燥機を使うしかありません。

ふと隣を見ると、もう1台の乾燥機も使用中です。

洗濯機を見ると、あと10分で終わる洗濯物が踊っています。「ああ、この洗濯物の持ち主は10分後に乾燥機を使いたかっただろうに…」大変申し訳ないと思いながら、もう一度乾燥機を使わせてもらいますm(__)m

 

さらに乾燥60分

60分後、乾燥機から洗濯物を引き取ります。

 

今度はカラカラパリパリに乾いています。 

カラカラパリパリといっても、取り出した直後は温かくてホクホクで気持ちが良いです^^ (しばらくして冷めるとパリパリ度が増します…)

入院中はそのホクホクのタオルも貴重で、幸せを感じていました。

 

でも「柔軟剤+天日干し」のふわふわを知ってしまったらもう戻れない…。

 次にまた入院になってしまったら、柔軟剤(使えないけど)を持って行ってアロマ代わりに匂い嗅いでしまうかも知れません^^;

 

 

以上、お洗濯の思い出話でした。

今日も最後まで読んでくださりありがとうございました。

素敵な1日をお過ごしください☆

プライバシーポリシーお問い合わせ