【悪性リンパ腫と生きていく】都内在住普通のOLの闘病記

2019年夏に悪性リンパ腫と診断され抗がん剤治療と末梢血幹細胞移植を受けた時の事や入院生活のtipsや通院治療中の現在の日常を思うままに書いていきます。

目薬

白内障のリスク

移植を受けたあとはドライアイになったり、白内障のリスクが高まったりするそうです。

「目の渇きに気を付けるように」と先生に言われて、看護師さんがおすすめしてくれた市販の目薬がサンティアでした。人工涙液というのが良いらしいです。

1箱に4つ入り

 

私は視力が良いので眼鏡もコンタクトレンズもしていません。なのでドライアイとか気にしたこともなく目薬をさす習慣もなかったのですが、今は気が付いたらさすようにしています。

 

日曜日はリフレッシュの日

目薬は鮮度が大事、、、説明書にそれらしきことが書いてあり(恥ずかしながら)今回初めて知りました。ソフトサンティアは1箱4本入り。1週間で1本を使い切れなくても毎週日曜日は新しい目薬の日と決めて、新しいものを開封して古いものとはおさらばしています。

目に入るものだから、やはり鮮度には気を遣ったほうが良いですね(^^;

 

 

プライバシーポリシーお問い合わせ