【悪性リンパ腫と生きていく】都内在住普通のOLの闘病記

2019年夏に悪性リンパ腫と診断され抗がん剤治療と末梢血幹細胞移植を受けた時の事や入院生活のtipsや通院治療中の現在の日常を思うままに書いていきます。

お肌の乾燥対策(保湿ローション)

カサカサお肌

移植後、GVHD(※)が始まってまず目立つ症状の一つがお肌の乾燥です。見事に全身カッサカサになりました。

GVHD=ドナーさんの細胞が私の正常臓器を異物とみなして攻撃することによって起こる免疫反応の一種。[graft-versus-host disease:移植片対宿主病] (2020/11/13 追記)
 

「保湿は常にたっぷりしてくださいね」と看護師さんに言われて、ジャブジャブ使えるポンプ式の保湿ローションが手放せなくなりました。

病院の売店で手に入るものの中で馴染みのあった花王の“Curel(キュレル)”を使っていたところ、「それと同じくらい良くて少しお財布に優しいのがあるよ~」と看護師さんにおすすめされたのがBatel(ベーテル)というシリーズ。

確かに、キュレルと変わらない使い心地だったので入院中はこれ一択になりました。

ベーテルローション

 

ベーテル vs キュレル

ベーテルは300ml入りで1,100円。

 

 

キュレルは410mlで 1,807円。300mlに換算すると1,355円。たいして変わらない・・・w

 
プライバシーポリシーお問い合わせ