【悪性リンパ腫と生きていく】都内在住普通のOLの闘病記

2019年夏に悪性リンパ腫と診断され抗がん剤治療と末梢血幹細胞移植を受けた時の事や入院生活のtipsや通院治療中の現在の日常を思うままに書いていきます。

オーガニックコットンの帽子

抗がん剤の副作用で髪の毛が抜けたので帽子が必要になりました。
前のエントリーで書いたように髪の毛を剃ってしまったので、頭はほぼ素肌です。
ニット素材だとチクチクしないだろうか、などと考え出したらどんどん不安になり、日本製の”オーガニックコットン”にこだわって探して、評判の良いお店を2軒見つけました。

 

tendre(タンドレ)

医療用帽子専門店です。お得な「おすすめセット」(7,000円)を買ってみました↓↓

伸びが良く、お肌にとっても優しい着心地で大満足!

”洗濯は手洗いで”と説明書に書かれていましたが、病院内で手洗いするのはハードルが高いものです。気にせず洗濯ネットに入れて洗濯&乾燥機しちゃいました。何度か洗濯をしたら小さな毛玉ができたのと、帽子自体も伸びた気がするけれど許容範囲内です。

 

COCOLO

こちらのお店はカラーバリエーションが豊富です。
”うすピンク”を買いました↓↓ 

 

生地がペラペラでした。が、お安い(1,815円)のでこんなものか~、という感じです。サイズはSS~Lまで4段階ありますが、生地が伸びないので小さめを選ぶと頭が締め付けられる感じがするかも知れません。
こちらは洗濯ネットにいれて洗濯機で洗えます。

 

同じ病気の方からニット帽を頂いたりもしましたが、オーガニックコットンに慣れてしまうとニットは重く感じられました。なのでずっとオーガニックコットンの帽子で過ごしていました。寒い日に外出するのなら、ニットのほうが温かくて良さそうですけどね。

 

プライバシーポリシーお問い合わせ