【悪性リンパ腫と生きていく】都内在住普通のOLの闘病記

2019年夏に悪性リンパ腫と診断され抗がん剤治療と末梢血幹細胞移植を受けた時の事や入院生活のtipsや通院治療中の現在の日常を思うままに書いていきます。

悲しい知らせとハーゲンダッツ『ショコラトリュフ』レビュー

病院から電話がありました。

主治医の先生からで、先日撮った腹部エコーの詳細レポートが上がってきてその報告でした。

「肝臓に小さな白い塊が見える。何らかの病変があります。」と言われました。

ただ、これだけではリンパ腫とは言い切れないし、もしがん細胞が暴れだしているのだとしたら血液検査の結果でもっと動きがあるでしょう、今の安定している数値を考えるとおそらく大丈夫でしょうと。

ちょうど年明けにPET-CT(がんなどの病変を検査する画像診断法の一つ ※)の検査を予定していたのでそれまで待って、その結果を慎重に見ていく、ということになりました。

(※)以前PET検査を受けた時のお話はこちら↓↓↓

amanda-tokyo.hatenablog.com

 

「生活の中で何か気を付けることはありますか?」と聞きましたが「とくにはナシ」と。これはいつものことで、肝臓ってケアのしようがあまりないみたいです。健康な方の場合は“アルコールを摂り過ぎない”等あると思いますが移植後の私はそもそもアルコールNGなので、先生もそこは言いません。私にできることは、日々体調の変化があればそれをメモしておくことくらいなんだと思いました。

 

「年末に心配な連絡でごめんね」って先生に謝らせちゃいました(> <)  とんでもないことです。伝えにくいことだっただろうに丁寧に連絡くださって、先生はいつだって優しくて、先生の言葉を聞くと安心します。正直な気持ち。そのまま伝えることが出来ました。

 

 

夜中、部屋で一人になって色々と考えちゃいました。ポジティブとネガティブを行ったり来たりで忙しいです。でも着地はポジティブに、家族と一緒に年末年始を過ごせることがじゅうぶん幸せなんだって思いました^^ 緊急入院とかにならなくて良かったじゃないかって。

 

さぁ気を取り直して…ハーゲンダッツ食べたのでレビューしてみます!

 

期間限定『ショコラトリュフ』

まずはフタから。

恒例の“4密”

パッと見「栗まんじゅう」のような絵が目を引きます^^;

(ここからは想像です)よく見ると、チョコレートガナッシュ?に上からチョコレートソースをかけて周りをホワイトチョコでくるんだトリュフ、という感じでしょうか。その断面図が栗まんじゅうっぽく見えたんですね。ふふふ。

 

内蓋を取るとこんな感じ↓

 

 

食べまーす。

 

とろーり

リボン状の濃厚なチョコレートソースが出てきました。これ美味しい!

 

2層

アイスクリームは2層になっていました。上部=バニラ(たぶん)、下部=ほんのりチョコ味、の2つです。

 

どろーり

バニラアイスの層をめくってみたら、こんなにたくさんチョコレートソースが入っていました。パッケージのトリュフの絵を見事に再現している、、というかそれ以上です!

 

感想

チョコレートソースが結構なビターで、大人の味です。

白い部分はホワイトチョコではなくバニラだと思うのですが、、、違っていたらごめんなさい、開発された方。

とにかく、3つの味わいがよく調和していてとても美味しかったです。期間限定なのが惜しい。これ常に売ってくれないかな、また食べたいです^^

チョコ好きなかた、ぜひ見かけたら食べてみてください!

 

 

今日も最後まで読んでくださりありがとうございました^^

そろそろ年末のお休みに入られた方も多いのでしょうか。

良い1日になりますように!

 

プライバシーポリシーお問い合わせ