【悪性リンパ腫と生きていく】都内在住普通のOLの闘病記

2019年夏に悪性リンパ腫と診断され抗がん剤治療と末梢血幹細胞移植を受けた時の事や入院生活のtipsや通院治療中の現在の日常を思うままに書いていきます。

揚げパン風トースト(家事ヤロウ)を作ってみました

朝食はパン派です^^ 最近トーストのアレンジに頭を悩ませています。家にある食材手軽にアレンジ出来るレシピをいつも探しているんです。
先日、録り溜めていたTV番組を見ていたら11月4日の“家事ヤロウ”が私の好きな「パン祭り」企画でした。そこで絶賛されていた【揚げパン風トースト】が気になったので作ってみました!
 
レシピはこちらのサイトを参考にしました↓↓
レシピ見ながらと言っても、私はいつもレシピ通りに作りません^^;
調味料の「割合」だけ参考にして味の想像が出来たら、自分の感覚で塩分と糖分を減らします。
今回もお砂糖はレシピの半分くらいにしました。もともとそんなに甘党じゃないので…半分でも十分おいしく感じる、はず。。。
 

調理スタート

(1)まずは「きな粉ペースト」作り

f:id:amanda_tokyo:20201205114301j:plain

ねりねり
【レシピ】
バター:25g
砂糖:小さじ2
きな粉:小さじ2
 
【実際の私の行動】
バター→25gは多いかもと思ったので15gくらいで。冷蔵庫でキンキンに冷えていたので電子レンジ500wで30秒温めて柔らかくしました。
砂糖→バターを減らしたこともあり、小さじ2/3弱くらいに。実際は小さじを使わず普通のスプーンで目分量です。
きな粉→袋から直接サラサラっと入れたので適当ですが小さじ1.5っぽい量で。
 
レシピ無視の程度がひどい(笑)
 
出来上がったペーストをパンに塗りました。

f:id:amanda_tokyo:20201207071520j:plain

厚塗りぎみ
 

(2)1回目の“焼き”

レシピでは「4分」でしたがトースターがすでに温まっていたため「3分」にしました。

f:id:amanda_tokyo:20201205114356j:plain

香ばしい~
良い感じの焦げ目がつきました♪ この時点でおいしそうです。
見た感じからピーナッツバターを塗ったのと錯覚しそうになります。香りもピーナッツのような気がしてきました。
 

(3)パン粉とお砂糖を混ぜ合わせたものを乗せる

【レシピ】

パン粉:小さじ2

砂糖:小さじ1

 
【実際の私の行動】
パン粉→袋からサササっと小さじ2弱くらいと思われる分量を。
砂糖→ここでもレシピの半分以下「パン粉の片隅にちょいちょい」くらいの量を落としました。
器で二つを混ぜ混ぜして、先ほど焼いたパンの上に山盛り乗せました。
 

f:id:amanda_tokyo:20201205114830j:plain

どっさり
トースターに乗せるまでにこぼさないか心配で、実際ちょっとこぼしました(笑)

 

(4)2回目の“焼き”

ここはレシピどおり1分焼いて完成~♪
パン粉がきつね色に!

f:id:amanda_tokyo:20201205115242j:plain

こんがり~

こうしてみると “とんかつ” みたいですね(笑)

感想

パン粉がサックサク、きな粉ペーストの層はクリーミー、パンはカリっとしていて噛んだ瞬間良い音がしました。
 
甘さもほんのりで私好みでした♪
ほっこりする味です。
きな粉おいしい。パン粉もおいしい。
食事というよりおやつに良さそうです。
見た目ほどくどくない、あっさりめの味であと3枚くらい食べ続けたいと思いました。
 
本物の「揚げパン」を知らないけれど、これはこれで美味しいです!
 
 

アレンジ案

作っていて思ったのは、バターもいいけど「ハチミツときな粉」も良いかなと思いました。そうするときな粉ペーストのクリーミーさはなくなりますが、ハチミツの甘さがパンに染み込んで別のおいしさが生まれそう。
あ、私はまだ免疫抑制剤を服用しているのでハチミツ食べたらダメなのでした。。。(;_;) 代わりにメープルシロップで作ってみようかな。
 
 
最後まで読んでくださってありがとうございました!
良い一日をお過ごしください☆

 

プライバシーポリシーお問い合わせ