【悪性リンパ腫と生きていく】都内在住普通のOLの闘病記

2019年夏に悪性リンパ腫と診断され抗がん剤治療と末梢血幹細胞移植を受けた時の事や入院生活のtipsや通院治療中の現在の日常を思うままに書いていきます。

食事制限 ~お味噌~

おはようございます。

今日は“食事制限”について書こうと思います!

日本人のソウルフード・お味噌汁の主役、“お味噌”について。

 

前置き

造血幹細胞移植をしてから免疫抑制剤を飲んでいる(=免疫不全の)間は、様々な食事制限があります。

食事を介して感染する病原体(細菌、酵母、かび、ウイルス、寄生虫)に感染するリスクを減らすためです。

 

それでは本題にレッツゴー!

今日の主役:お味噌

制限されている食材の一つだけどルールを守れば食べてOK!

  • 市販品は大体殺菌処理されているのでOK
  • “自家製の”お味噌はNG
  • 市販品で作ったお味噌汁も一度沸騰させる(→殺菌のため)

ということなので沸騰お味噌汁を食べていました。

風味が飛んでる…お味噌が泣いてる…。

でも、感染のリスクを考えたらそれくらいのガマンは必要です。

 

沸騰からの卒業

「ガマンは必要」と言いつつも、少し前の外来受診時に「そろそろ移植後1年経つので、食事制限緩和できるのありそうでしょうか?例えばお味噌汁は沸騰させなくても良いとか…?」と、ちゃっかり先生に聞いてみました(*‘ω‘ *)

そうしたら「沸騰させなくてもOKだよ~」とあっさりと言われたので、早速風味豊かなお味噌汁に戻りました♪ やったー!

 

謎の感染

ところが何日か経って、カビ(アスペルギルス)感染症にかかりました。

はっきりした原因(感染源)は未だに分かりません。

お味噌汁の沸騰を辞めたタイミングと重なったので「麹菌 カビ菌」と調べたところ、関係ありそうで一瞬ドキッとしましたが問題なさそうでした。

 

 見付けたサイト(※後述)から抜粋↓ 「コウジカビ」について

「麹はカビの一種、だけど無毒」ということは初めて知りました。

 

※上の画像の参照元はこちらです↓

agcl528.com

 

お味噌新時代

更に調べを進めるうちに最近のお味噌のトレンドを知りました。

今のトレンドはこだわりの「生みそ」!

「生きた酵母」を謳い文句にしている物が多数を占めていて、「殺菌済み」を謳っているものはほとんどないみたい。新しい時代が来たんですね。でも移植患者には嬉しくない(-_-)

 

おわりに

いつか食事制限がなくなって、好きなものを好きなように好きなだけ食べられる日を楽しみに、今は制限の中でお食事を楽しみます(≧▽≦)

 

今日も長くなってしまいました。。。

最後まで読んでくださってありがとうございました!

プライバシーポリシーお問い合わせ