【悪性リンパ腫と生きていく】都内在住普通のOLの闘病記

2019年夏に悪性リンパ腫と診断され抗がん剤治療と末梢血幹細胞移植を受けた時の事や入院生活のtipsや通院治療中の現在の日常を思うままに書いていきます。

サイトメガロウイルス感染

病院からの電話

昨日の夜、病院から電話がありました。一昨日(月曜日)の血液検査の結果が出て、サイトメガロウイルスが陽性になっていたから服薬始めてね、とのことでした。

前にも同じく退院中に感染して病院から連絡が来たことがありました。その時は体調に変化はなくて、感染症にかかっているとは思えないくらい元気でした(*'ω'*)v

ですが今回は月曜日から具合があまりよくなくて、

月曜:昼間の通院時は元気。夜にすごい腹痛→痛み止めの頓服薬(オキノーム)を飲んでしのぐ

火曜:朝すごい胃痛→オキノームを飲んで一時治まるもまたすぐに痛くなった。昼はだるさと眠気と微熱→2時間ほど横になって休んだら復活!(*'ω'*)v

こんな感じで具合悪かったのですが、火曜の夕方には復活していたので一安心していたところでした。

でも、そんな時に電話を頂き先生と話せて良かったです。聞けば、体調不良の原因はこの感染かも知れないということだったので、原因が分かって良かった。

 

先生の指示

昨日の夜から「1日1回、夜に飲む」ということで薬を飲み始めました。

飲んでから16時間くらい経った今、ちょっと腹痛があります。頓服薬を飲むほどではないけどシクシク痛い…。

 

そういえば、入院中もよく感染して点滴していた事を思い出しました!

それなのにサイトメガロウイルスについてちゃんと調べたことなかったので今ここで調べてみます。

 

サイトメガロウイルス(CMV)とは

サイトメガロウイルスとは

サイトメガロウイルス感染症はよくみられるヘルペスウイルス感染症で、症状が出ないものから、発熱と疲労感が出るもの(伝染性単核球症に似たもの)、また、眼や脳、その他の内臓を侵す重い症状が生じるものまで、症状は多様です。 

 

通常はCMVに感染しても症状はみられせん。一般的に、重篤感染症が発生するのは、胎児のときに感染した乳児や、エイズや臓器移植などで免疫機能が低下している人のみです。免疫機能が低下している人では、休眠しているウイルスの再活性化がよく起こります。

 

症状

サイトメガロウイルスに感染したほとんどの人は無症状です。

少数ですが、体調が悪くなり、熱が出る人もいます。

エプスタイン-バー-ウイルス(EBウイルスヘルペスウイルス4型)と同様に、CMVに感染すると、青年や若い成人で伝染性単核球症の一種を発症することがあります。CMVによる単核球症とEBウイルスによる単核球症のどちらも、発熱と疲労を引き起こします。ただし、EBウイルスは重度の咽頭痛(のどの痛み)も引き起こすのに対し、CMVは引き起こしません。

CMVに汚染された血液の輸血を受けて感染した人では、2~4週間後に発熱がみられ、ときに肝炎が起こることがあります。

免疫機能が低下している人では、CMVによって重篤な病気が発生することがあり、死亡に至る可能性もあります。

 

引用元:

サイトメガロウイルス(CMV)感染症 - 16. 感染症 - MSDマニュアル家庭版

私は骨髄移植を受けたので↑で言う「免疫機能が低下している人」に該当するようです。

防げたらいいけど、感染しちゃうんだから、仕方のないことですね。薬で都度対処するしかなさそうです。

先生からは「腹痛や発熱がひどくなったら病院に連絡する」ように言われました。

でもその時はもう“入院”と言われるんだろうなぁ(><)

 

退院後も体には色々なことが起こるものだと実感します。

毎日普通の生活を送っているだけなのに、どこからともなく感染したり、謎の腹痛や発熱、お肌のトラブルなんかも。

でも骨髄移植受けた人だけじゃなくて色々な病気を抱えて通院治療している人がたくさんいるんだから、私も頑張らないと(=゚ω゚)ノ

 

今日も独り言みたいな内容ですみません。

最後まで読んでくださりありがとうございました。:)

プライバシーポリシーお問い合わせ