【悪性リンパ腫と生きていく】都内在住普通のOLの闘病記

2019年夏に悪性リンパ腫と診断され抗がん剤治療と末梢血幹細胞移植を受けた時の事や入院生活のtipsや通院治療中の現在の日常を思うままに書いていきます。

検査体験談 ~胃カメラ~

おはようございます。 
おとといから、何回かに分けて検査や治療の体験談を書いています。今日は「胃カメラ」の体験談。
医療従事者ではなくただの患者なので、知識はありません。あくまでも患者目線で知り得た事柄と個人の感想ですのでご了承くださいmm 間違いがあったらコメントでお知らせ頂けるとありがたいです。
 

怖くないし、痛くない。緊張するのは最初だけ。

胃カメラ検査は多くの方が経験済みかと思います。

私が初めて検査を受けたのは大学生の頃。以後、社会人になってからも定期健康診断にオプションで付けていたので検査には慣れている方だと思います。もう15回くらい受けたかも?!

とはいえ今でも、カメラを飲み込む瞬間だけは緊張が走ります全力の「おえっ」が待っているから(笑)。

 

胃カメラで見ることが出来る範囲をおさらい

せっかくなので改めて調べてみました。

食道→口から食べたものを胃に送る働きをする管状の臓器

→長さ約20~30cm。空腹時の容積は50mlで満腹時は1.5リットルになり、詰め込めば2リットルまでいけるそうです。主な働きは2つ。1つ目は一時的に食べ物を貯蔵すること。2つ目は胃酸と消化酵素を含む胃液で食べ物を吸収しやすい状態に消化すること

十二指腸→名前の由来は「指を横にして12本並べたくらいの長さ」から。胆汁や膵液の分泌を調節するのがお仕事。

よく見る形

 

検査の流れ

※私がお世話になった病院に限っての話です。

前日

  • 食事は夜10時までに済ませる。以後食事はNG、お水やお茶はOK。

当日

  • AM検査の場合朝食はNG。透明な水分(お水・お茶、スポーツ飲料など)はOK。

  • 胃の中の泡を消すお薬を飲む

  • 検査に呼ばれたら部屋移動
ベッドに移動して、喉の麻酔をします→ドロッとしたゼリー(キシロカインゼリー)を飲み込んで、のどの奥に10秒ほど溜めてから飲み込みます。
次に、検査中寝てるか起きてるかを選びます。もし寝てしまいたければ麻酔を依頼します。私はいつも寝ることにしていたので「麻酔ましましでお願いします!」と言っていました。麻酔に強い体質なのか、効きにくいので。
 
  • 検査開始

麻酔していたのでほとんど覚えていません。カメラを飲み込んで10分くらいで終わった気がします。

ふがふが

 

やってみた感想

検査中寝るという選択肢を取ったので入院中の検査は苦痛ゼロでした。でも、日中働いているとそうはいかないですよね…。麻酔は復活するまで時間がかかるせいか、入院前に健康診断で受けていた検査ではずっと起きていました(→「ずっと寝てる」という選択肢がなかった)。その間、看護師さんずっと背中をさすってくれていました。その手がなんとも温かくて優しいこと。胃カメラ検査をして人の手の温かさ優しさに気付いちゃいました。

 

今日も最後まで読んでくださりありがとうございました☆

内容に間違いや気になる点がありましたらコメントでご教示いただければ幸いです。

プライバシーポリシーお問い合わせ