【悪性リンパ腫と生きていく】都内在住普通のOLの闘病記

2019年夏に悪性リンパ腫と診断され抗がん剤治療と末梢血幹細胞移植を受けた時の事や入院生活のtipsや通院治療中の現在の日常を思うままに書いていきます。

入院生活のお供  ~ハサミ~

 

ここだけの話、、、

入院手続きの時にもらった冊子を読み返したら“事故防止のため刃物類(はさみ、カッター等)の持ち込みはご遠慮ください”と書いてあるのをあとから発見しました…。

 

ハサミ、持ち込んでました!

大声で言うことじゃないのですが。ハサミのない入院生活は想像できません。というのも私、入院中はこんな感じ↓↓だったのでハサミは必需品でした。

  • 指の筋力が落ちたのか、食事についてくる調味料などの小袋が手で開けられない
  • 1錠ずつ飲む薬を10個綴りのパッケージで受け取った場合に1錠ずつに小分けする
  • 新型コロナが流行し始めて家族に荷物を持ってきてもらえなくなり、必要なものを通販で買うようになった。→買ったものを開けるのに必要
  • 入院費の明細や領収書など封筒で受け取る書類も多い

これらは“入院あるある”じゃないでしょうか?!

 

特に一つ目の小袋問題は深刻です。「こんなのも開けられないのか…」と情けなくて悲しくなってしまうので、そう思う前にハサミでスーッと切って開ける方が精神衛生上良いのです。

本来は看護師さんに都度お借りするべきかもしれませんが、上記のように必要なシチュエーションが頻繁にあるので、かえってご迷惑になってしまうかも、と考えると持ち込んでしまってすみませんがお許しくださいという心境です。

 あと、大部屋では「折り紙の作品作り」に使っている方もいらっしゃいました。そうそう、持ち込んでいたのは私だけじゃない。

 

f:id:amanda_tokyo:20201007010738p:plain

こんなに色々作りませんが…

 

刃先がプラスチックで覆われている安全なハサミもたくさん売ってるし、持ち込みご容赦願いたいなと思った次第です。ちなみに、看護師さんやスタッフの方が見ている時にも使っていましたが怒られたことはありませんでした。:)

 

プライバシーポリシーお問い合わせ