【悪性リンパ腫と生きていく】都内在住普通のOLの闘病記

2019年夏に悪性リンパ腫と診断され抗がん剤治療と末梢血幹細胞移植を受けた時の事や入院生活のtipsや通院治療中の現在の日常を思うままに書いていきます。

足のむくみ

前のエントリーGVHD(※)について書きましたが、今困っているGVHDの一つが足のむくみです。油断していると足の甲~太ももがパンパンになってゾウのような足に。なので着圧ソックス(弾性ストッキング)が手放せません。

 

GVHD=ドナーさんの細胞が私の正常臓器を異物とみなして攻撃することによって起こる免疫反応の一種。[graft-versus-host disease:移植片対宿主病] (2020/11/13 追記)

 

おすすめはこの“東レ ファインサポート”。指先を出すことが出来るので蒸れを防げるし、脱ぎ着がしやすいです。(むくんでいる時に弾性の強い靴下を脱ぎ着するのは意外と大変です!)

パッケージはこんな感じ


1袋に0.5足(片足分)しか入っていないのですが、3足分買いました。
寝る時以外は常にこれを履いています。寝る時にも履いていたことがありましたが、それが体に良いのか分からず、今は寝る時はなるべく体を楽に、締め付けから解放することにしています。そのほうがぐっすり眠れている気がします。

 

また、冷えると血流が悪くなりむくみが悪化するということを看護師さんに教わったので、真夏でも家の中ではモフモフなスリッパを履いています。

モフモフなスリッパ

指先ぽかぽかで暑い・・・。

プライバシーポリシーお問い合わせ